So-net無料ブログ作成

手羽中出身チューリップ [├ 天空のベランダ(園芸)]

 

 

くどいよーですケロ、肉食系ぢゃありません[レストラン]

 

 

かとゆーて、熱心なベヂタリアンでもありません。

 

 

なんで、鶏肉だって食すです。(だからどーした。)

 

 

 

 

っつーのが本文とは一切関係無いんはバレバレでしょー[たらーっ(汗)]ゼッタイ

 

 

 

 

Tulipa linifolia
ツーリッパ・リニフォリア
原種ツーリップらしー。
真っ赤です。

ツーリッパ・リニフォリア(ユリ科 Tulipa linifolia)です。

 

 

 

原種のツーリップらしーです[ひらめき]

 

 

んで、絵に描いたよーな真っ赤なチューリップです。

 

 

 

 

んなツーリップは、直射日光[晴れ]をもろに浴び続けると、顎関節が外れたみたいに大きく開きます。

 

 

っつーても、日射しが弱くなる[曇り]と、オートでクローズボタンが入ります。

 

 

なんで、雨の日[雨]はシベが濡れんで、花粉が流れちゃう心配が不要になるのでした。タブン

 

 

 

 

画像は[4]月下旬の状態です。(天空~@ふちゅー) 

 

 

 

 

原種のツーリップが全てミニかどーかは知らんです。
花底が黒いです。
バルブをギチギチに植え込んだら、膨張して浮き上がって来ちゃいました。
それでもキッチリ咲いてます。

このチューリップは、ミニチューリップっつー括りになってます。

 

 

そもそも、原種のチューリップなのにミニと呼ばれちゃうってどーなんでしょー。(フルサイズの原種もあるんぢゃないか?)

 

 

誰しもがイメージするチューリップの方こそ大型化したもんぢゃないかっつー雰囲気ぷんぷんです。

 

 

 

 

ぢゃ~、シクラメン(サクラソウ科)はどーなんぢゃ?って考えてみるです。

 

 

 

 

確かに、ミニと呼ばれてるサイズが原種サイズだったりしちゃってます[ひらめき](偶然?)

 

 

 

 

同様のパターンは、枚挙にいとまがないんかも知んないです[サーチ(調べる)]

 

 

 

 

虫の目線。
光を浴びて開いてます。
ユリ科なんで、基数は3です。
葯は、うにうに動かんと思うです。

植物ブログを標榜するならツーリップの一つや二つ記事にせんでどーするんぢゃ、って誰に言われたんでもありません。

 

 

そもそも植物ブログなのかどーか考えるだけでおこがましい限りです。(っつーか、ツーリング日記って方が遥かに怪しいぞ。)

 

 

 

 

なのに標榜まで言われると「どーだろー。」って感じです。(だから誰も言っとらんだろー。)

 

 

画像はともかく、文章がはちゃめちゃなだけに、小さなことすら言えんと思ってます[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

っつーても、この先、軌道修正をしたり、方向転換するなんてする気はさらさらありません。

 

 

 

 

原点に戻るっつーても、今さらですケロ、見失っなっちゃって見付けられんくなってます。(笑)

 

 

 

 

滅失しちゃってても不思議ぢゃありません[どんっ(衝撃)]

 

 

 

 

風になびいてるんぢゃありません。
ミニなんで上からの角度でもお手の物です。
波打つ花弁。
完全に的と化してますな。

んで今回の記事はっつーと、ホントは昨日アップする予定で進めてたんですケロ、順延になっちゃいました[位置情報](あくまで予定だっつーのがミソです。)

 

 

 

 

なんでかっつーと、昨晩いきなしオカンからヂャム造りの前処理を請け負わされちゃったのでした。

 

 

放置状態のグズベリー(グースベリー:スグリ科)を収穫したらしーのです[手(チョキ)]

 

 

有り体に言うと、摘んだ実に付いている花柄と花殻を取り去るっつー超細かい作業でした。

 

 

 

 

ボウル[1]つ分で[2]時間を要したです[時計]

 

 

 

 

誰か[眼鏡]が喜んでスケッチしそーな葉っぱ付きの実もあったんで、すえた香りが漂いまくっておりました。

 

 

 

 

お陰様でその夜は頭が冴えまくって、なかなか寝付けんかったです[曇り]

 

 

 

 

 

 

間違っても作画意欲[アート]を抑えられんかったからぢゃないんは言うまでもありません。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 7

コメント 6

miyomiyo

伽耶さん、
xml_xslさん、
今造ROWINGTEAMさん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2011-08-03 23:15) 

しろのぽ

そのグーズベリーの写真だけでも欲しかったんですケロ。

ああー積年のかすかな疑問だったのに、文章にされたら考えちゃって止まらんです。
確かにシクラメンにしろチューリップにしろ、原種サイズがミニとはこれいかに。
ただしヒマワリは、原種の方が大きいと見たです。(そんだけか?)

確かに、ここを植物ブログと説明するのもなんか違う気がするです。
おぢさんの語りあってこその天空~(来春には@北の地にしてくらさい。)と思ってますが何か。


by しろのぽ (2011-08-05 00:47) 

miyomiyo

しろのぽさん、ありがとうございます。

その写真でスケッチする気だろーケロ、そーはイカのメンタマです。
まだまだ実が成ってるらしーんでどないしたろーかいなー。
んで積年の疑問にゃ~、ミニトマトにミニニンジン、ミニカボチャ、ミニキュウリもついでに考えてみてくらさい。
そんでここのブログはノンジャンルにカテゴライズしといてくらさい。
何にせよ、オバファンの格好の餌食になるんは必定でしょーな。ゼッタイ

by miyomiyo (2011-08-05 22:07) 

miyomiyo

あんぱんち〜さん、
マチャさん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2011-08-05 22:08) 

響

ツーリッパ?
草履の事をゾウリッパって言うのと一緒?
手羽と言えば手羽先しか思い浮かびません。
美味しいけど骨がねぇ・・・
骨なし手羽先を開発したら儲けますぜ。

by (2011-08-06 12:15) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

モッパってアイデア商品もあった気がします。
手羽先はお酒が進む美味な食べ物ですね。
ケンタでも手羽先が欲しくなったりしませんか?
骨なしにしちゃうのは鳥がかわいそーな気もします。

by miyomiyo (2011-08-06 21:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。