So-net無料ブログ作成

Bird's Eye View [├ とりものばなし]

 

 

重ね重ね、3月11日(金)に発生した大地震により被災された皆様、そのご家族の皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

 

今だ昼夜を問わず強い余震が続いており、心休まる時も無いかと存じます。

 

一日も早く地震が収束し、更には復旧復興を切に願う次第です。

 

 

 

 


 

 

 

 

んで、前回の続きです[次項有](← ご無礼をお許しくらさい。)

 

 

って何だっけ?っつー感じで一向に構わんです[あせあせ(飛び散る汗)](← この能天気さをお笑いくらさい。)

 

 

 

 

 

続きです。
毎度お馴染みの花です。

ここ、神代植物公園水生植物園ぢゃ~オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)が春の訪れを告げてました[かわいい]

 

 

いつの間にか春の風物詩[るんるん]と化した花ぢゃないかと思ってるです。

 

 

っつーてもオオイヌノフグリはヨーロッパ原産の帰化植物だったりするです。

 

 

雑草って言えば雑草ですケロ、抜いて抜いても生えてくるっつーしぶとさはあんまし感じられんです。

 

 

 

 

 

 

前回は鷺(サギ)に満ち満ちた記事を作っちゃいました[本]

 

 

看板がやけに高く見えます。
仲良くしろよー。

「鷺としか言いようがありません。(2011-03-07-m)」

 

 

にしても今まで多摩川で見てたサギがコサギ(サギ科)オンリーだと決め付けてました[サーチ(調べる)]

 

 

もしかすると、色んなサギがいたのやも知れんですケロ、最近は全く見かけんくなったです。

 

 

年度末で、河川敷の工事が盛んになってるんが影響してるんやも知れんです[雷]

 

 

 

 

前回は、記事を作ってたら、勢い任せでサギオンリーに仕立てちゃってました。 

 

 

 

 

っつー展開を受けて、今回はサギ抜きになってます[ひらめき]

 

 

 

 

ツグミ

ツグミ(ツグミ科)です。

 

 

この時期すっかりお馴染みの野鳥です。

 

 

 

 

って言いながら渡り鳥だっつーのはつい先程まで知らんかったおぢさんです[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

やっとのことでちょっぴし覚えてきたところだったのに、またすぐ忘れちゃいそーなのが残念です。

 

 

 

 

 

 

んで、この野鳥もツグミでしょーか

 

 

ツグミぢゃナイ?
シロハラかナー。

ツグミぢゃないよーなツグミのよーな雰囲気です[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 

後ろ姿のが随分違います。

 

 

じーっと見てると、顔立ちがちょっぴし違うよーな気してきます。

 

 

シロハラ(ツグミ科)のよーな気もしますケロ、思ったより腹が白くないです。

 

 

どーなんでしょーか

 

 

 

 

 

 

黄色いのが目印です。
スキップ踏んどらんか(?_?)
鮮やかです。
キセキレイ

キセキレイ(セキレイ科)です。

  

 

遥か遠くからでも腹黄色いのが目立ちます[サーチ(調べる)]

 

 

こんくらい鮮やかならカメラのファインダー越し[カメラ]でも色を頼りにロックオン可能です。

 

 

 

 

唯一、色を頼みとするだけに、背中を向けられちゃうとお手上げなのは言うまでもありません。

 

 

 

 

シジュウカラ
真上に飛んで来たところをパシャリです。
遠くでチョロチョロ動いてました。

シジュウカラ(四十雀:シジュウカラ科)です。

 

 

落ち葉の中を自由に飛び回ってました[飛行機]

 

 

ちょっぴり前ならスズメ(スズメ科)と堂々と言い放っていたであろうことは想像に難くありません。

 

 

 

 

裸眼なら今でもスズメって言い放ちそーなんはナイショです。

 

 

 

 

あぶくが立ってナイです。
足が縮こまってるゾ~。
何番が1着カナー。

ココはお風呂[いい気分(温泉)]ぢゃありません。(みーんなわかっとるゾ。)

 

 

だとしても、おもちゃのカルガモを浮かべて遊んで良いっつーわきゃありません。(ふつーはアヒルだろー。)

 

 

カルガモ(カモ科)です。

  

 

「旨そー[たらーっ(汗)]なんて考えちゃいかんです。

 

 

 

 

帰りしなに鴨せいろとかを食したくなっちゃいます。

 

 

 

 

モズ
斜め下からの目線です~。
何か咥えてるー。
ガン見してるやん (^◇^;)

モズ(モズ科)です。

 

 

鋭さ極まりないクチバシが特徴ですケロ、おぢさんの肉眼ぢゃ~、ほとんど見えんのでした。

 

 

 

 

しゃーないんで、黒太く塗り過ぎたアイラインを目印にしてます[目]

 

 

目を大きく見せる効果があるんでしょーか[たらーっ(汗)]

 

 

いくら何でも塗り過ぎな気もします。

 

 

 

 

メジロ
飛んでます。
画像がザラザラなのはスルーしてくらさい。

逆に目の周りが白いの登場です。

 

 

メジロ(メジロ科)です。

 

 

うぐいす色が色鮮やかでした[ぴかぴか(新しい)]

 

 

初めて意識して見た色です。

 

 

 

 

もっと明るい場所で拝みたかったのに、暗がり[夜]にしか姿を現してくれんかったです。

 

 

梅(バラ科)の花が咲いてる場所でも張ってたのです[人影]

 

 

遂に姿を捉えることは出来んかったです。ザンネン

 

 

 

 

んで、この後たまらなくうぐいす餅を食したくなって、求めに行っちゃったです。

 

 

結局は、売り切れ店ばっかしで更に残念な気持ちが増したです。(← おまいいつから、んなに食に走るよーになったんぢゃ?)

 

 

 

 

コゲラ
涙目(?_?)

木にチョコンとくっ付いてるんはコゲラ(キツツキ科)です。

 

 

後頭部の赤いのは、木を突き過ぎて切れてるんかと思ってました[病院]

 

 

出血してるんぢゃなくって、雄に見られる特徴らしーです。

 

 

生まれながらに突いてるんで今さら負傷すべくもありませんでした。

 

 

 

 

横縞の生き物です。
出血してませんか(?_?)
カワイイですな~。
頭も尻も隠してません。

んで結構明るい場所にも出て来て驚きです。

 

 

キツツキって、「音はすれども姿は見えず。」っつー習性だと思ってました。

 

 

食料を調達するのに夢中だったんやも知れんです[レストラン]

 

 

にしても、何も知らんで後ろ姿だけ見たら、鳥には見えんのは計算尽くなんでしょーか。

 

 

 

 

カワラヒワ
無理矢理ファミリーに仕立て上げちゃったやも知れんです。

草むらにカワラヒワ(アトリ科)発見です。

 

 

ファミリーでお出かけでしょーか。

 

 

お食事[レストラン]に散歩[くつ]に、ショッピング[ブティック]までするかどーかまでは興味ありません。

 

 

 

 

後になってよーく見ると、顔の色が黄色く無いのも写ってたりして、ファミリーと見なしていーんかどーか疑問を抱いちゃったりしてます。

 

 

 

 

 

 

ここら辺から疑問符が続出して行きます (?_?)

 

 

 

 

 

 

まずは、、、、。

 

 

頭はカワラヒワだと思うんですケロ~。
何か違くナイ(?_?)
背中はスズメみたいぢゃ~ありませんか(?_?)
カワラヒワの幼鳥カナー。

頭はカワラヒワそっくりなのに、背中の柄と色が随分違う気がします。

 

 

ファインダー越しぢゃ~ずーっとカワラヒワと思って見てました[カメラ]

 

 

カワラヒワの幼鳥かなーって思ったりもして来てます。

 

 

 

 

こん時は単独行動してて近くには他に鳥がいなかったんで、確かめよーもありませんでした。

 

 

 

 

 

 

最後にど~~~~ん、です。(笑)

 

 

カシラダカ (?_?)
どつぼに嵌ってってる気がするです。

カシラダカ(ホオジロ科)で合ってるんでしょーか。

 

 

お腹は確認出来ず終いです[たらーっ(汗)]

 

 

体がやけに茶色っぽくてどーカナーって思ってます。

 

 

背中の柄も縦縞っぽいのが疑問です。

 

 

 

 

ケロ、肩に斜めの[2]本線がそれっぽい雰囲気もあって何とも言えんです。

 

 

 

 

 

 

んな感じでたくさん撮ってきたのは良いんですケロ、宿題もたくさん抱えて帰って来ちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 

見れば見る程、つどぼに嵌まって行っちゃってます[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

  

 

さらにゃ~カワセミ様もげっとん出来んかったんは、既に前回の冒頭で告ったとーりです。

 

 

 

 

おぢさんのカワセミ様げっとんへの挑戦はまだまだ続く[次項有]、、、、、、、、、、のか (?_?)

 

 

 

 

 

 

ダメっぽいと感じちゃうと、あっさり諦めちゃう性格なんで要注意ではあるです。(笑)

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 

んで、タイトルのパクリ元はココ。(名前の方は、「Byrd」のスペルです。)

 

 

HMV 楽天市場店ならココ。

  

 

 

 

 

amazonならココ。

 

バーズ・アイ・ヴュー

バーズ・アイ・ヴュー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: CD

 

 

 

 


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 10

コメント 4

miyomiyo

toramanさん、
こさぴーさん、
mwainfoさん、
xml_xslさん、
eternityさん、
伽耶さん、
今造ROWINGTEAMさん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2011-03-14 23:06) 

miyomiyo

ムネタロウさん、
月夜さん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2011-03-15 19:54) 

響

もしかしてバズーカを手に入れた?
ツグミの下は「シロハラ」です。
シンクロしてるカモがいいね。
しかしいっぱい野鳥がいるようで僕もそっちに遠征したいよ。


by (2011-03-19 10:36) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

残念なことに超長玉を持つほど、資力も腕力もありません。
Rawで撮影してトリミング拡大する作戦ですケロ、画像編集で異常に時間がかかるんが辛いです。
シロハラでしたか、ありがとうございます、ってメモメモ。
ちなみにカモの息は何分くらい保つのか教えて下さい (・_・)(._.)
にしてこんだけ野鳥がいてもカワセミ様に会えないんは普段の行いの現れだとしたら、一生会えそーにナイです。

by miyomiyo (2011-03-21 00:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。